ハワイリゾートウェディング・ビーチフォトウェディングがしたい
お二人のための検索&ランキングサイト

HOME > ハワイウェディングにお役立ち > ヘアメイク

ウェディングオプションについて

ヘアメイク

ヘアメイク ヘアメイクを頼む前に知っておきたい基礎知識をご紹介。 ウェディングをする時、ヘアメイクはプロがやってくれるけれど、やはり全ておまかせにするのは不安です。

ヘアメイクの段取り

ヘアメイクの段取り 小物やブーケが決定し、ヘアメイク打ち合わせが始まるのは2~3ヶ月前から始まるのが一般的です。何度もお色直しをしますから、事前に綿密な打ち合わせが必要となります。
希望があればしっかりとメイクさんに伝えましょう。その際、イメージを伝えられる材料や当日の衣装、小物がわかるような写真を持参し、自分のなりたいイメージや悩みを具体的に伝えましょう。
こうして当日のヘアメイクを事前に行いながら調整することは「ヘアメイクリハーサル」と呼ばれます。気になるところはしっかり伝え、何度でもやり直しましょう。
その際、必要ならばヘアサロンでカットやカラーを済ませておきましょう。肌を綺麗に見せたい場合は、ブライダルエステ等に通いフェイスケアをしましょう。
ここまで終わったら、あとは当日を迎えるのみです。プロの手によって最高の花嫁となりましょう。

ヘアメイク小物別おすすめヘアスタイル

クラウン×シンプルアップ(挙式)
顎先と耳上の延長線上のゴールデンポイントと呼ばれるところで髪をまとめ上げるスタイルです。
ヴェールの邪魔にならないよう、まとめた髪はあまりボリュームを出さないようにすると、清楚なイメージを出すことが出来ます。
クラウンを使ったヘアスタイルにしたいと思った場合、クラウンをつける位置やバランスが重要になってきます。髪は肩より下5cmくらいまで伸ばしておきましょう。黒髪よりも、ややカラーを入れることでスタイルに動きを出すことが出来、きれいな仕上がりになります。
メイクは薄いピンクを基調としてつややかに仕上げましょう。

フラワー×ノーブルアップ(挙式)
フロント部分の髪を少し下ろし、大人っぽい雰囲気にまとめるスタイルです。
やや高い位置で髪をまとめ少しカールさせて動きを出していくと、生花とヴェールがノーブルなイメージを引き出してくれます。髪につける生花で人気の白バラやシンビジウムを選ぶと、香りも手伝って高級感があります。生花を選ぶ際は、持ちのいい花を選びましょう。
挙式から披露宴まで同じ髪型で過ごす場合は、時間内はずっと綺麗に咲き続けることの出来る季節の花を選ぶのがポイントです。何色の花を選ぶかも重要な要素となります。例えば同じピンクでも、鮮やかで濃い色のピンクは華やかですし、くすんだ色であれば大人っぽい印象になります。

ヘアード×フェミニンカール&アップ(披露宴)
シンプルアップをベースに、毛束全体をカールさせてヘアード(髪飾り)に負けないボリュームを出すことで、女性らしい可愛らしさと華やかさを味わえます。
この時、披露宴入場のスタイルまでしっかり考えてアップヘアを作るのがポイントです。ヘアードは着けるだけで目を引き、短時間でイメージを変えることの出来るアイテムです。大きさや材質、様々な色と形がありますので、お気に入りのものを見つけてみましょう。

クラシカルハットスタイル(披露宴)
帽子を用いたスタイルのメリットは、ヘアスタイルをあまり変化させなくても印象を大きく変えることが出来ることです。
かぶるだけで印象を大きく変えられるので、挙式から披露宴へお色直しに移る時に便利なスタイルです。フラワーで紹介した生花を使ったアップスタイルを活かし、左サイドで毛先を出して遊ばせ、そのほかの髪を帽子の中にしまいこむだけで、アクセサリーがなくても豪華な印象を与えられます。
ドレスの雰囲気や髪型に合わせて、スタイルのポイントを前後どちらへ持ってきても大丈夫な帽子を選ぶと、さらにアレンジの幅が広がります。

フラワー×スウィートハーフアップ(お色直し)
披露宴入場から大きく印象を変える、生花を使った人気のスタイルです。
ゆるいカールでボリューム感を持たせたハーフアップは、甘い雰囲気を与えたい花嫁の方から人気を集めています。前髪を上げて顔の周りをすっきりと見せ、右下部分に作った土台と対角線上の左上に花を飾ることで豪華なアクセントとなります。
一見アップスタイルから大きく変化させているように見えて、土台の部分はそのまま残しているためスピーディーに髪形を変えられるのが特徴です。

フェザー×エレガントダウンスタイル
右サイドに編みこみを入れて土台を作り、編みこみをはじめる部分にヘアアクセサリーを使ってエレガントにまとめあげているスタイルです。後ろで下ろしている髪は、みだり再度から右サイドにかけて自然に流れるように編みこみ、左上に羽の付いた個性溢れるヘアアクセサリーをつけてポイントにすると良いでしょう。
ヘアアクセサリーを複数組み合わせたり、ヘッドパーツと生花を組み合わせるのもOKです。また、背中の方にポイントのあるネックレスを使うと、後ろから見ても印象的になります。

今一番注目のハワイウェディングサロン・ロイヤルカイラウェディング 体験談募集中

トップページへ

Copyright © Hawaii wedding ranking.com, All Right Reserved.