ウェディングオプションについて(レイ) | ハワイ・ウェディング・ランキング.com

HOME > ハワイウェディングにお役立ち > ハワイウェディング(挙式)の小道具「レイ」

ハワイウェディング(挙式)の小道具「レイ」

ハワイウェディング(挙式)の小道具「レイ」

ハワイウェディングにおいて、新郎新婦や参列者が頭や首にかける飾り「レイ」。樹の実や木の葉、花などを材料に作られ、結婚式にハワイらしい華やかさと厳粛さをプラスしてくれる重要な小物です。今回はそんなレイについての様々な情報をご紹介致します。

レイの歴史

レイに使われる植物

香りや色の美しさやスピリチュアルな力のある事が重視されるもの
レイについては美しい色彩と芳香にあふれた南国の花々で作られた、輪飾りというイメージを持っている方が大半でしょう。しかし本来のレイは、ハワイの神々への捧げものとしてフラの踊り手戦士が身に付けるもので、香りや色の美しさよりも霊的な力のある事が重視されるものでした。

そのレイには神の怒りを鎮め、悪霊を追い払う魔よけの意味があるとされ、材料には植物の他に貝や海藻、鳥の羽、動物の骨や石等も用いられていました。現在のように植物を主体としたレイが作られるようになったのはハワイの人々が欧米の人々との交流をスタートさせた19世紀以降のことです。そして、親愛の情を示すもの、誕生日や冠婚葬祭などの人生の節目や祭日などの一年の要となる日を祝うもの、ハワイを訪れた旅行客に歓迎の表すものとして用いられるようになりました。

なお、観光客にレイを贈る事は、船でハワイに到着した人々にカヌーで販売をしたのが最初だと言われています。そのため、ホノルル港を象徴するアロハタワーに近いダウンタウンやチャイナタウンには、今でもレイを販売するショップが数多く集まっています。

レイのかけ方と編み方

レイに使われる植物

レイはかける部位によって呼び方が異なる
レイはかける部位によって呼び方が異なります。頭につけるものはレイ・ポ・オ、首にかけるレイはレイ・アー・イー、手首のレイはクーペ・エ・リマ、足首のレイはクーペ・エです。編み方は素材をねじって繋げるウィリ、針と糸で花を結ぶクイ、針や糸を使わずに編み込んで作られるヒリ、羽毛を逆立つように縫うフムパパ、包むように縛りつけるキープウ、数種類の葉や花を三つ編みにしたハクなどがあります。この他にも、帽子や服を飾り立てるプア・オーモウ(コサージュ)など、これまでに多くの種類が考え出されました。
なお使用する花の種類にはTPOがあり、例えばプルメリアは本来葬式などに用いられるもので結婚式には使用されないそうです。

レイに使われる植物

挙式を行う島により、その島を象徴するレイを式で使ってみるのもおすすめ
20世紀に誕生したとされるハワイ諸島の各島のシンボル・レイをご存じでしょうか。カウアイ島のシンボル・レイは紫のモキハナのレイ、オアフ島のものはイエローオレンジのイリマのレイ、モロカイ島のレイはシルバー・グリーンのククイで作られ、ラナイ島のレイはゴールドのカウナオアで、カホオラヴェ島のレイはシルバー・グレーのヒナヒナを、マウイ島のレイはディープピンクのロケラニ(ダマスク・ローズ)、ハワイ島のレイは赤いオヒア・レフアを使って作られます。

ハワイウェディングの挙式場所はオアフ島だけではありません。挙式を行う島により、その島を象徴するレイを式で使ってみるのもよいかもしれません。

その他のレイの素材には、咲き始めは白く次第に山吹色に色を変える漏斗状の花で、香りも良いプア・ケニケニ、香り高くフラの舞台装飾にも使われるパラパライ、ハワイ王朝のカイウラニ女王にも愛されたピカケ(ジャスミン)の花、夕暮れ時に強い香りを放ち、結婚式では新婦の頭を飾るチュべローズ、花婿や花嫁、媒酌人などに付けられるデンファレなどがあります。

レイのイベント

ハワイでは5月1日になるとレイ・デーという催しが開かれます。1928年に作家のグレース・T・ウォーレンの提唱によって始まり、当初のダウンタウンからカピオラニ公園とヌウアヌの王室霊廟公園に場所を移して今も続いています。当日は創作レイのコンテストなど、レイにまつわる様々なセレモニーが行われます。1929年にはホノルル市の公式行事となり、2001年からは州全体の公式行事となりました。

今一番注目のハワイウェディングサロン・ロイヤルカイラウェディング 体験談募集中

トップページへ

Copyright © Hawaii wedding ranking.com, All Right Reserved.